top of page

超簡単! "知識ゼロ" でもMEO対策は簡単にできる! 第一回 [設定フェーズ]

更新日:1月19日


メインビジュアル

誰でも、今すぐ始められる

「MEO対策するぞ~!」と思ってはみるものの

「何から手をつければいいんだ~!」となって

「今度時間のある時に調べるぞ~!」で結局手を出さない。


わかります。


今回はそういった方々に向けて、MEO対策の初期も初期、

「MEO対策を始める方法」を解説します。


MEO対策には2つのフェーズ(期間)、「設定フェーズ」と「運用フェーズ」があり、

設定フェーズで店舗の情報をGoogleに登録して、マップ上に店舗情報を表示させ、

運用フェーズでそれらの情報を調整してマップ検索の順位を上げていきます。


今回は設定フェーズのお話です。

たったの4ステップでこのフェーズの作業は完了です。



1.Googleアカウントを用意する


ほとんどの方はGoogleアカウントをお持ちだと思うので、

それにログインして手順2に進んでください。なければ新たに作成してください。 



2.Googleビジネスプロフィールでオーナー申請をする


「Googleビジネスプロフィール」という言葉が唐突に出てきましたが、

Googleビジネスプロフィールについては別の記事で詳しく解説します。

ここの設定をどれだけしっかりするかがMEO対策の大きなカギです。


PCで検索して、あなたの店舗情報が画面横に表示される場合は、

そこにある申請ボタンから、

あなたが該当店舗のビジネスオーナーである申請をしてください。

Googleビジネスプロフィールのオーナー申請のイメージ画像

「このビジネスのオーナーですか?」から登録



検索してもあなたの店舗情報が表示されない場合は、

Googleビジネスプロフィールのトップ画面より申請してください。

Googleビジネスプロフィールのオーナー申請のイメージ画像

「管理を開始」ボタン、「今すぐ管理」ボタン、どちらからでもOK



申請におけるGoogleとのやりとり手段は複数用意されていますが、

基本的にはGoogleから「確認コード」が記載されたハガキを送ってもらう方法が一番シンプルです。



3.Googleとオーナー申請確認のやりとりをして、

  問題が無ければオーナー申請が受理される


確認コードが記載されたハガキが到着したら、その確認コードをGoogleプロフィールに登録し、

オーナー認証をします。

問題がなければ、下の画像のように管理者である表示がされます。

Googleビジネスプロフィールのオーナー認証のイメージ画像


4.Googleビジネスプロフィールの各項目を登録する


ここからが設定の本番です。あなたの店舗情報を登録していきます。

店舗のホームページがある場合は、そこに記載の内容と乖離が無いように登録を進めてください。




この4ステップでMEO対策をする準備が整いました。

ひとまずここまで完了させておけば、マップ検索での表示が望めます。


しかしマップ検索の上位表示を狙うには、

4番目の「各項目の登録」の登録内容の精査と、次の運用フェーズでの日々の作業が欠かせません。


別記事でこれらの内容について詳しく解説していきます。



イーストでは、

経験豊富なスタッフがみなさまの課題解決に向けて全力でサポートさせていただいております。 ご不明点があれば、下記のお問い合わせ窓口よりお気軽にご連絡ください。

閲覧数:78回

最新記事

すべて表示

詳細についてはお問い合わせください

ご不明点などはメールにて

お気軽にお問い合わせください。

株式会社イースト
 

〒100-0005
東京都千代田区丸の内3-4-1 新国際ビル3F

© EAST Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

bottom of page